一人で引っ越しする

「午後便」という言葉を耳にしたことはありますか?

最初に14日以内に、新しく住む市区町村の役場に行って、

 

メリットもあって、午後便は午前便よりも、大分割り引かれます。
1万円以上は当たり前、半値ほど割り引かれることもあるとか。

 

「午後便」という言葉を耳にしたことはありますか?
引越しの契約中に教えてもらったことのある人も
少なくないでしょう。

 

午後便は、その午前便で働いた
トラックと人員が続けてするので、
時間指定は基本的にできず、
引越し件数の多い3月などは、日没ごろにやっと始まり、
夜半までかかってやっと終わったという人もちらほら聞きます。

 

引越し先までの距離や荷物の量によっては、
一人暮らし 引っ越しは選択できないケースも多いですが、予定が遅くなっても
料金が安い方が良いという人にはぴったりです。

 

 

転入届、印鑑登録、国民年金の住所変更、
国民健康保険の加入届、子ども手当の申請書、
飼い犬の登録変更、125cc未満のバイクの登録を出します。

 

ほかに届出が必要なのが、
車の登録変更、車庫証明、中・大型バイクの登録です。

 

ついでに、新しい住民票を取って、し忘れのないようにします。
免許証の住所変更等に持っていきます。

 

新しい暮らしにしばらくして落ち着いたら、多くの書類を
提出しないといけません。
引越しには午前便と午後便があり、
午前便は早朝から作業をスタートします。

 

 

さらに、子供が小中学校にいる家庭では、元の学校の在学証明書を
提出して、引越し先での学校の転入学通知書をもらいます。
その後で、学校に通知書と前の学校でもらった書類を出します。

 

その他、住所変更が必要なものに、
銀行口座、クレジットカード、車検証、いろいろな保険等があります。
なるべく早く手続して、し忘れのないようにします。

ホーム RSS購読